フィリピン最後の秘境
パラワン島
世界で最も美しい島
アイランドホッピング
世界遺産・新世界七不思議
アンダーグラウンドリバー
エルニド
El Nido
美しいビーチ
一生に一度は訪れたい島
フィリピン旅行はパラワン島
Image is not available
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

パラワン島の地ビール

日本では飲めないパラワン島の地ビール

ここパラワン島のプエルトプリンセサには1ヵ所だけ地ビールを製造する工場があります。そしてその脇に営業するバーで作りたての地ビールを飲むことが出来ます。5種類の地ビールは数年前までは1日2ケースしか製造されない貴重なものでしたが、評判を呼び最近ではフィリピン国内や海外にも輸出されるようになりました。ただまだ日本では味わえませんので本場パラワン島でこれらの地ビールを楽しんでみて下さい。

フィリピンパラワン島の地ビール

地ビールの種類

昔からある基本の5種類について簡単に解説します。口に合いそうなものを見つけて注文する時の参考にしてみて下さい。

パラワン島の5種類の地ビール

PALAW’AN

アルコール度数: 6.5%

価格: 170ペソ

味: 淡い色の見た目通りアルコール度数6.5%を感じさせない軽い味。ほのかにフローラルで口当たりはとてもスムーズ。


PALAWAN WIT

アルコール度数: 6.8%

価格: 160ペソ

味: 少し霞がかった淡い色に、ほんの少し苦味を感じますが、重くなくとても爽やかな味。


AMBOG ALE

アルコール度数: 7.0%

価格: 150ペソ

味: 一番最初に製造されたのがこのビール。とても風味豊かで少しだけビターな味わい。地元のフィリピン人が最も好む1本。


HUNTER

アルコール度数: 7.2%

価格: 160ペソ

味: アルコール度数が一番高いにも関わらず意外とすっきり飲める味。香りの秘密はパラワンのはちみつとコーヒー。


Ayahay IPA

アルコール度数: 7.0%

価格: 170ペソ

味: 香りはアロマフローラルで味はビター、アメリカ人に人気のビールです。


期間限定の地ビールも

上記の5種類以外に季節や期間限定で製造される地ビールにも出会うことが出来るかもしれません。ココナッツやマンゴーを原料にしたビールなど様々で個性的なビールを見かけたらぜひオーダーしてみるのも楽しいと思います。

期間限定季節の地ビール

ちょこっとアドバイス

2人で行くとボトル1本を2つのグラスに分けて提供してもらうことも可能です。たくさんの種類を飲み比べたい場合やカップルでいろんな種類を楽しみたい場合に最適です。ボトルのデザインも素敵ですので有料ですが空き瓶を持って帰り、部屋のインテリアなどに使うことも出来ます。

パラワン島の地ビール場所

グーグルマップで場所をチェック