サイトリニューアル中です。
パラワンの海からTOP画像1

フィリピン最後の秘境

パラワンの海からTOP画像5

一生に一度は訪れたい島

パラワンの海からTOP画像2

パラワン島

パラワンの海からTOP画像3

世界遺産
アンダーグラウンドリバー

パラワンの海からTOP画像4

エルニド
アイランドホッピング

名称未設定のデザイン - 2022-01-04T150313.054
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

【パラワン島】エルニドのおすすめ離島リゾートホテル5選

世界のベストアイランドに何度も選ばれているフィリピンのパラワン島。この島の北部にある町エルニドは、日本人にはあまり知られてはいませんが、世界中から多くの観光客が訪れる楽園として知られています。

今回は、そのパラワン島エルニドの本島から離れたおすすめ離島リゾートホテルを5選紹介します。フィリピン最後の秘境と呼ばれるにふさわしい自然豊かな環境で、最高のリゾートステイが楽しめますので、ぜひチェックしてみてください。

パラワン島エルニドおすすめホテル情報

1. Pangulasian Island
(パングラシアン島)

パングラシアン島は、エルニドタウンから南西約10kmの位置にある島です。島には島の名前を冠したホテル「El Nido Resorts Pangulasian Island」があります。

「El Nido Resorts Pangulasian Island」は、エルニドの離島リゾートホテルの中でもトップクラスのラグジュアリーホテルです。

客室は全42部屋、全て独立タイプの部屋になっています。料金は他と比べると高くなりますが、透き通る海と自然に囲まれた特別なロケーション、そして自然と調和した清潔で豪華な客室は、宿泊する価値が十分あります。おすすめの部屋は、22平米のプライベートプールのあるプールヴィラです。

「El Nido Resorts Pangulasian Island」は、ちょっと奮発してパラワン島旅行を特別な思い出にしたい方におすすめです。日々の忙しい日常を忘れ、この島で優雅に過ごす時間は、最高の贅沢と言えます。特に、カップルの方には新婚旅行先としてもおすすめです。

アクセス

エルニド・リオ空港に到着後、桟橋からホテル専用のボートに乗って移動します。移動時間は約40分程度です。航空会社AirSwiftを利用してエルニドリオ空港へ到着される方のボート移動費は、宿泊費に含まれます。

設備・その他

プール・レストラン・ビーチバー・アイランドホッピングツアーやシュノーケリングアクティビティ有り

ホテルグレード 4.5
清潔感 4.5
リゾート感 5.0
コスパ 4.5

\空室状況と料金をチェック/


2. Lagen Island
(ラゲン アイランド)

ラゲンアイランドは、海の青と熱帯林の緑が豊かな島です。島にあるリゾートホテル「El Nido Resorts Lagen Island」は、全51部屋でフォレストルーム・フォレストスイート・水上コテージ・ビーチフロントコテージの4種類の客室があります。

どの部屋も広々としており、特にフォレストスイートは70㎡もあります。おすすめは入り江が見渡せるビーチフロント(53㎡)です。

「El Nido Resorts Lagen Island」は、自然好きな方にはおすすめのリゾートホテルです。熱帯林から聞こえてくる野鳥のさえずりや夜の星空など、自然を満喫することができます。

子供連れでも楽しめる環境が魅力で、小さなお子様連れで離島のリゾートホテルを検討中の方には第一候補になると思います。

アクセス

エルニド・リオ空港に到着後、ホテル専用のボートに乗って移動します。移動時間は約50分程度です。航空会社AirSwiftを利用してエルニドリオ空港へ到着される方のボート移動費は、宿泊費に含まれます。

設備・その他

プール・レストラン・プールサイトバー・スパ・フィットネスセンター・ラグーン観光・シュノーケリング・バードウォッチング等のアクティビティ

ホテルグレード 4.0
清潔感 4.5
リゾート感 4.5
コスパ 4.0

\空室状況と料金をチェック/


3. Miniloc Island
(ミニロック島)

ミニロック島は、アイランドホッピングツアーで人気のビッグラグーンとスモールラグーンを持つ島です。この島にあるリゾートホテル「El Nido Resorts Miniloc Island」は、約35年以上も営業を続けており、エルニド離島リゾートのランドマーク的存在として知られています。

客室は全50部屋で、フィリピンの建築文化を感じさせる造りです。標準的なアクティビティやレストランでの朝食・昼食・夕食などが宿泊費に含まれているオールインクルーシブスタイルになっています。

パラワン島のエルニドには、さまざまな離島ホテルが建設されてきましたが、地元の人のほとんどが知っているのがこの「El Nido Resorts Miniloc Island」です。

エルニドの王道離島リゾートステイを求めている場合は、ここに泊まれば満足できます。ビッグラグーンもしくはスモールラグーンにホテルのアクティビティの一環として行くことも可能ですので、エルニドの見所を逃さずにパラワン島の離島ステイを楽しみ方にはおすすめです。

アクセス

エルニド・リオ空港に到着後、ホテル専用のボートに乗って移動します。移動時間は約35分程度です。航空会社AirSwiftを利用してエルニド・リオ空港へ到着される方のボート移動費は、宿泊費に含まれます。

設備・その他

プール・レストラン・スパ・アイランドホッピング・シュノーケリング・ラグーン行きのアクティビティなど

ホテルグレード 3.5
清潔感 4.0
リゾート感 5.0
コスパ 4.0

\空室状況と料金をチェック/


4. Cauayan Island
(カワヤン アイランド)

カワヤンアイランドは、エルニド空港から北西に直線距離で10kmの位置にある島です。この島にあるホテル「Cauayan Island Resort」は、全27部屋からなる高級離島リゾートホテルになります。

エルニドでは珍しい専用プール付きの客室があり、広さは270㎡と贅沢な造りになっています。エルニドでセレブな離島ステイを体験したい方におすすめのホテルです。

エルニドで高級離島リゾートホテルを探している方や、客室内でも客室外でも贅沢な空間と時間を過ごしたい方には、この「Cauayan Island Resort」が最適です。

素晴らしい環境の「Cauayan Island Resort」は、ちょっと予算オーバーでも泊まってみる価値のあるホテルと言えます。

アクセス

エルニド・リオ空港からボート乗り場、そこからホテルまでの無料送迎サービスがあります。移動時間は約40分です。

施設・その他

プール・レストラン・プールサイドバー・スパ・ジム・ヨガ・アイランドホッピング・シュノーケリング・トレッキングなどのアクティビティ有り

ホテルグレード 5.0
清潔感 4.5
リゾート感 5.0
コスパ 4.5

\空室状況と料金をチェック/


5. Matinloc Island
(マティンロック アイランド)

マティンロックアイランドは、エルニドタウンから西へ10kmの場所にある島です。この島の1島1リゾートホテルが「Matinloc Resort」で、総客室数は29部屋のハイエンドリゾートホテルになります。

目の前のビーチはこじんまりとしていますが、美しく透明度の高い海が広がります。おすすめの部屋は、ビーチに建つビーチヴィラです。

「Matinloc Resort」では、素晴らしい海と自然を満喫することができます。少し価格が高いのが残念ですが、宿泊すると忘れられない思い出ができるでしょう。

アクセス

エルニド・リオ空港からホテルまで無料送迎があります。ボートでの移動時間は約30分です。

施設・その他

プール・レストラン・フィットネスセンター・シュノーケリング・アイランドホッピング等のアクティビティ

ホテルグレード 4.0
清潔感 4.0
リゾート感 5.0
コスパ 3.5

\空室状況と料金をチェック/


エルニドの離島リゾートホテルの良さ

エルニドの離島リゾートホテルは、1つの島に1つのホテルしかない1島1リゾートです。プライベート感が増すのはもちろん、宿泊者だけがその島に滞在できるという特別感を味わうことができます。

今回紹介したエルニドの離島リゾートホテルの環境と、普通の陸続きにあるホテルの環境はまったく異なります。日常の生活音のしない、自然が発する音だけに囲まれて過ごす時間は、本当に貴重です。

そこに「泊まった人だけ」が体験することのできる「特別なエルニド」が、きっと最高のパラワン島旅行の思い出を作ってくれるでしょう。


\エルニドタウンのおすすめホテルはコチラ/

エルニドのおすすめホテル7選

>お知らせ

お知らせ

フィリピンでは、2020年3月から現在に至るまで、新型コロナウイルス感染拡大防止の為の入国制限・移動制限が実施されております。それに伴い、ツアーのご予約・その他サービスは、受付を一時中止させていただきます。再開時期が決まりましたら、このHPにてお知らせ致します。
※2020年、ロックダウン下のパラワン島で、自然などの風景を動画で撮影しました。綺麗な風景や島の雰囲気を垣間見ることができると思いますので、ぜひご覧ください。

CTR IMG