フィリピン最後の秘境
パラワン島
世界中で最も美しい島
アイランドホッピングツアー
世界遺産・新世界7不思議
アンダーグラウンドリバー
エルニド
El Nio
美しいビーチ
一生に一度は訪れたい島
フィリピン旅行はパラワン島へ
完全日本語対応
ツアーのご予約は
「パラワンの海から」
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider
パラワンの海から

パラワン島への行き方

フィリピン最後の秘境
パラワン島への行き方

世界中の観光客を魅了するフィリピン最後の秘境パラワン島。日本ではまだまだ知られていないこの楽園への行き方をご案内致します。

 

パラワン島の行き方

 

① マニラ空港経由
日本 ⇒ マニラ空港 ⇒ プエルトプリンセサ国際空港

パラワン島地図

これが一番メジャーな移動方法となります。マニラ空港までは日本からはフィリピン航空、セブパシフィック、ジェットスターなどの航空会社が利用でき、マニラからプエルトプリンセサ空港までは、フィリピン航空、セブパシフィック、エアアジアを利用できます。以下がその際に注意すべき点となります。

  • 乗り換え時間は3時間以上がベスト
  • 全ルート同じ航空会社にすると万が一遅延などの際も対応があり安心
  • マニラ空港のターミナル間移動は便利な無料シャトルバスを利用
  • 日本からの到着便はマニラ空港の第1~3ターミナルに到着※ マニラ空港は第1~4ターミナルまであります。(ターミナル間の移動は通常無料シャトルバスかタクシーとなります。

乗換えに不安を感じるかもしれませんが、「パラワンの海から」でツアーをお申込みの方で、マニラ空港での乗り換えが出来なかった方は過去におりません。また乗り換え時間が長い場合でも第3ターミナル内にカプセルホテルがありますので便利で安心です。詳しくはコチラ

 

② セブ経由
日本⇒セブ(マクタン)空港⇒プエルトプリンセサ空港

セブ(マクタン)空港を乗り換え空港として利用することが出来ます。マニラ空港と比べてターミナルは2つしかありませんので、乗り換え時間も最短で1~2時間で可能です(2時間以上がおすすめ)。基本的に航空券は高くなりますが、選択肢の一つです。

赤い機体でお馴染みのエアアジア

エアアジアで行くパラワン島

 

ちょっと補足
プエルトプリンセサ空港からは?

プエルトプリンセサ空港に到着後はホテルへ向かうか、そのままツアーに出発するかの2択となります。ホテルへは無料送迎がある場合はそちらを利用しますが、無い場合は空港タクシーか空港トライシクルを利用できます。空港タクシーは割高ですので、パラワン島らしくトライシクルがおすすめです。料金は1台150ペソ~となります。

プエルトプリンセサ空港トライシクル

 

 

帰りは?
帰りに(復路)にエルニド空港を利用して効率よくパラワン島を旅する

パラワン島には主に2つの空港があります。プエルトプリンセサ空港とエルニド空港です。エルニド空港もマニラ経由でもセブ経由でもエアスイフトという航空会社で利用することが出来ます。

パラワン島への到着をプエルトプリンセサ空港にして、帰りはエルニド空港から出発するという方法も可能です。その際のメリットとデメリットは以下の様になります。

【メリット】

往路(行き)の目的地はパラワン島の中心地となるプエルトプリンセサ空港へ行くことにより、人気の世界遺産などを含む周辺のアクティビティツアーを楽しむことが出来ます。その後、エルニドへ移動し同じく人気のアイランドホッピングツアーなどに参加出来ます。帰りはエルニドからプエルトプリンセサ空港へ戻ることなく、そのままエルニド空港からマニラかセブ空港経由で日本へ帰国することができ、時間の節約はもちろんプエルトプリンセサとエルニドという人気の観光地を一度の旅行で楽しむことが可能です。

 

【デメリット】

エアスイフトのマニラもしくはセブからエルニド空港発着の航空券は通常片道6,000ペソ前後となっており割高です。また航空券は英語表記のHP(下記画像)から購入する必要があります。(難しくはありません)

プエルトプリンセサ経由、世界遺産のツアーの詳細はこちらのブログでも

魅力たっぷりのパラワン島。日本からは一度の乗換えで行くことが出来ますので、ぜひこの機会にお越しください。

 

 

お問合せ・予約