フィリピン最後の秘境
パラワン島
世界で最も美しい島
アイランドホッピング
世界遺産・新世界七不思議
アンダーグラウンドリバー
エルニド
El Nido
美しいビーチ
一生に一度は訪れたい島
フィリピン旅行はパラワン島
Image is not available
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

パラワン島旅行おすすめフィリピン料理15選

フィリピン料理

フィリピン料理はスペイン統治時代の影響と中国の食文化の影響を受けており、料理によってテイストが異なります。まわりのフィリピン人を見ると生野菜や生魚を食べる習慣はなく、料理は日本人から見ると酸味の効いたものや、甘く味付けされたもの、脂っこいものが多いです。ただそういった味ですのでご飯が進んだりビールにも合う料理も多いです。どちらかというと繊細な味の料理は少なく分かりやすい味が多いですが、フィリピン旅行の際に食文化も一緒に楽しんで見て下さい。

1.  アドボ

フィリピン料理チキンアドボ、ポークアドボ

アドボには主に鶏肉を使用したチキンアドボ、豚肉を使用したポークアドボがあります。お酢と醤油で調理されており、濃い味で日本の豚の角煮に少し似ています。アドボはフィリピンでは一般的な家庭料理であると同時にフィリピンの代表的な料理です。レストランだと地鶏を使ったネイティブチキンアドボなどもメニューにあります。日本人の口にも合いますのでぜひ食べて見て下さい。


2. カレカレ

フィリピン料理カレカレ

カレーを連想させる名前ですがまったく違うフィリピン料理です。味はアーモンド風味の濃厚なシチューといった感じで、日本では味わうことの出来ない料理です。牛テールを使うことが一般的で野菜(いんげんやナス等)もたくさん入っています。Bagoon(バゴオン)と呼ばれるエビや魚を発酵させたペースト状の薬味と一緒に食べるとさらにおいしくなります。


3. シニガン

フィリピン料理シニガン

シニガンは具材がたくさん入ったスープ料理です。豚肉を使ったポークシニガンや魚やエビを使ったシーフードシニガンが代表的です。フィリピン人も頻繁に食べる料理で酸味のある味がやみつきになります。食べ方は自由ですが、現地のフィリピン人はよくスプーンでスープをすくってご飯にかけて食べたりします。ちなみにフィリピンでは一般的にフォークとスプーンを使って食事をします。スプーンはナイフの代わりとして使用することも多いです。またシチュエーションや料理によっては手で食べるのもフィリピンスタイルの一つです。


4. ルンピア

フィリピン料理ルンピア

ルンピアは日本の春巻きに似た料理でどなたでも好き嫌いなく食べられます。使用する具材により肉のルンピア、魚のルンピア、野菜のルンピアといくつか種類があります。ソースはスイートチリソースや醤油に唐辛子を入れたもの、フィリピンのバナナケチャップ、ニンニクや唐辛子が入った酢などがあり、自分の好みに合わせてルンピアに付けて食べます。デザートとして甘いスイートルンピアもあります。


5. レチョンバボイ

フィリピン料理レチョンバボイ

バボイはフィリピン語で豚肉を意味します。レチョンバボイは子豚に香草を詰めてゆっくり回転させながら時間をかけて焼き上げた丸焼きで、フィリピンでは特別な行事の時に出る定番料理です。レストランで丸焼きの状態で出ることはあまりありませんが、路上で焼き上がったのを食べる分だけ買って食べることも出来ます。


6. レチョンマノック

フィリピン料理レチョンマノック

マノックとはフィリピン語で鶏肉という意味で先ほどのレチョンバボイのチキンバージョンがレチョンマノックです。炭火焼きですのでジューシーに柔らかく焼き上がり、味はローストチキンのような料理です。


7. スイートサワーラプラプ

フィリピン料理ラプラプ

ラプラプはフィリピンの高級魚の一種です。これを油で揚げて、甘酸っぱいソースをかけた料理でとても美味しいです。レストランではその日によって料金が異なることが一般的で100グラムあたりいくらという形になります。魚の場合は調理方法も蒸し焼きなどリクエストが出来ることが多いです。


8. パンシット

フィリピン料理パンシット

パンシットはフィリピンを代表する麺料理です。ビーフンなど様々な種類の麺を使います。具材はキャベツ、ニンジンなどの野菜と豚肉を使っているのが一般的です。フィリピン料理のレストランでは必ずメニューにあります。


9. シシグ

フィリピン料理シシグ

シシグは豚の内臓などあらゆる部位を細かく刻んで唐辛子や玉ねぎを炒めたものです。熱々の鉄板皿で卵を載せて出されることが多く、カラマンシーと呼ばれるライムに似た果物を搾ってかけて食べます。味は濃く、スパイシーなのでご飯も進みビールにもよく合います。イカを使ったシーフードシシグなどもあります。


10. エンサラダンタロン

フィリピン料理エンサラダンタロン

エンサラダンタロンはフィリピンの野菜料理の一つです。主役は焼いたナスで、それに玉ねぎ、トマトを混ぜて味付けし少し冷たい状態で出されます。フィリピン料理は味の濃いものが多いですのでサイドメニューとして頼むとさっぱりして箸休めにもなります。


11. トシノ

フィリピン料理トシノ

トシノは甘く味付けされた豚肉です。ホテルなどでは朝ご飯として定番でご飯、目玉焼き、トシノという3点セットで出されます。好みが分かれる味ですが一度試してみるのもいいかもしれません。


12. レチェフラン

フィリピン料理レチェフラン

レチェフランはフィリピンのデザートです。味はプリンに似ていますがとても甘く作られています。レストランのメニューにないこともありますが、町に出れば売店や路上など何処かで必ず売っています。


13. ハロハロ

フィリピン料理ハロハロ

最近日本でも見かけるようになりましたが、ハロハロはフィリピンの有名なデザートです。ハロハロはフィリピン語で mix mix 混ぜ混ぜするという意味で、食べ方もスプーンで混ぜながら食べます。中身はシャーベットアイス、あずき、タピオカ、フルーツ、アイスクリームなどですが、お店によって見た目が大きく違います。フィリピン滞在中は一度本場のハロハロを食べてみるのもいいと思います。


14. タホ

フィリピン料理タホ

豆腐に黒蜜をかけ、タピオカも入れたフィリピンの路上の定番デザートです。路上で「ターホー」と大きな声で売り歩いている人を見かけたら声をかけて本場のタホを食べてみるのも面白いと思います。


15. バロット

フィリピン料理バロット

フィリピンで有名な珍味がバロットです。アヒルの有精卵を茹でたもので、中身は孵化直前のアヒルの子がそのまま入っています。グロテスクですが味は見た目ほど強烈ではありません。卵の殻を少し取り、その間から塩と酢を入れてスープをすすった後に中身を食べます。勇気がある人は試してみると旅行の思い出になると思います。