フィリピン最後の秘境
パラワン島
世界で最も美しい島
アイランドホッピング
世界遺産・新世界七不思議
アンダーグラウンドリバー
エルニド
El Nido
美しいビーチ
一生に一度は訪れたい島
フィリピン旅行はパラワン島
Image is not available
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

パラワン島の気候と天災について

フィリピンパラワン島の気候(天気)

世界一美しい島に選ばれ、フィリピン人も一度は行って見たいと夢見るパラワン島。ここではその気候と天災についてお伝えします。実際にパラワン島に住んでいるから分かる情報もありますので、ぜひパラワン島旅行の参考にしてください。

季節は乾季と雨季の2種類
平均気温は27℃

パラワン島は南北に400kmと細長い形をしている為、厳密に言うと北南で気候分類が異なります。パラワン島の中心地でもある州都プエルト・プリンセサ市は熱帯モンスーン気候に分類されており、年間平均気温は27.0℃、年間平均最高気温は30.9℃、年間平均最低気温は23.2℃となっております。
乾季は11月から5月、雨季は6月から10月とされています。最も気温が高くなるのは4月で、最も気温が低くなるのは1月です。グラフは各月の最高気温と最低気温のそれぞれの平均を表しています。

グラフ

ベストシーズンは1~5月

一般的にベストシーズンは1月~5月と言われています。特に晴れの日が多いのは2,3,4月です。この時期は天気の心配はあまり必要ありません。ただしスコールと呼ばれる短時間の強い雨が降ることはあります。また気温も上がるので熱中症対策が特に必要になります。

台風シーズン

フィリピンの台風シーズンは9~11月初旬ですが、パラワン島は地理的に基本的に台風が直撃することは過去の事例を見てもありません。ただしパラワン島の北端は台風がその北側を進むことがある為に時々影響を受けることはあります。その他の地域はフィリピン領域に入った台風の影響を受けたり、勢力の弱った台風が低気圧となり天候が崩れるという程度です。台風によって家屋が崩壊したりするような被害の心配は必要ありません。

台風シーズンは雨期と重なっていますが、毎日雨が降る訳ではありません。一週間晴天になる場合もしばしばあります。そんなタイミングで旅行に行けると観光シーズンではない為、観光客も比較的少なく、ホテルの宿泊費用も安いことが多いですので狙い目とも言えます。

旅行時の服装とその他の注意点

旅行中の服装は基本的に半袖、ハーフパンツ、ビーチサンダルといった南国スタイルで大丈夫です。日焼け止めとサングラス、女性の方は折畳み日傘も持っていくと良いでしょう。帽子もあれば日差しが強い時に便利です。夏の日本よりは過ごしやすいですが熱中症への注意は必要です。

あと日本からフィリピン行きの国際線やフィリピンの国内線の機内、またツアーで移動に使う車の車内の温度が低いことが多いですので長袖や上に羽織るものがあると重宝します。※季節や天候によっては気温が20℃を下回ったり、昼と夜の寒暖差が大きくなることもありますので注意しましょう。

またフィリピンのホテルの掛布団はシーツのように薄い場合が多いですのでエアコンを点けっぱなしで寝てしまうと体調を崩すことがあります。寝る前に温度調節やタイマー設定を忘れずに行いましょう。

天災(台風・地震)について
神様が創った島?

台風については前述しましたが、直撃して被害を受けるようなことはありませんので心配はありませんが、飛行機などの交通機関は影響を受ける場合はあります。

あとフィリピンと言えば地震のイメージも強いと思いますが、パラワン島はフィリピンの西端に位置しており、フィリピンのその他の地域とは異なる地盤プレートの上に乗っているおかげで地震とは無縁の島となっています。地元の島民で生まれてからずっとパラワン島に住んでいる場合は地震を体験したことがありません。2020年に離島で震度1程度の地震が起こってニュースになったくらいです。

このようにパラワン島は台風や地震などの自然災害の影響をほとんど受けない為、地元の人々の中には「神様が天災からは無縁の自然豊かなこの島を意図的に創った」と信じている人も多いです。

>お知らせ

お知らせ

2020年3月からフィリピンではコロナウイルス感染拡大防止の為の移動制限・入国制限が実施されております。それに伴い現在はツアーの予約の受付を一時中止させていただいております。皆様も感染に十分お気をつけてお過ごし下さい。※コロナ禍の2020年にパラワン島の綺麗な風景を動画にしました。2-3分の動画ですので少しでもこの島の雰囲気を味わってみて下さい。

CTR IMG