フィリピン最後の秘境
パラワン島
世界中で最も美しい島
アイランドホッピングツアー
世界遺産・新世界7不思議
アンダーグラウンドリバー
エルニド
El Nio
美しいビーチ
一生に一度は訪れたい島
フィリピン旅行はパラワン島へ
完全日本語対応
ツアーのご予約は
「パラワンの海から」
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider
パラワンの海から

パラワン島とは

フィリピン最後の秘境
パラワン島の基本情報

世界のベストアイランド

パラワン島はフィリピンの首都マニラからは南西に約850km。島は南北の長さが400キロ、東西の幅の平均が約40kmの東はスールー海、西は南シナ海に面した細長い島です。州都であるプエルトプリンセサはスペイン語で「王妃の港」。パラワン島は、たくさんの美しい島があるフィリピンにおいても最後の秘境 と呼ばれ、自然の美しさが残る場所として知られています。アメリカ有名旅行情報誌 Conde Nast Travelerが主催したアンケートで2014年、2015年と2年連続で最も美しい島1位、また2013年、2016年には世界のベストアイランドにも選ばれた(Travel Leisure 主催)今注目のスポットです。

 

 

パラワン島北部

北部には大自然の素晴らしい景観と透き通る海のある小さな町・エルニドがあり、欧米人をはじめ世界中の人々をその美しさで魅了しています。高級リゾートから安価な宿まですべての人が楽しむことが出来る楽園。ここで行うアイランドホッピングツアーは必見。その景色、海、ビーチはきっと最高の思い出を作ってくれます。

 

 

 

パラワン島中部

パラワン島の中心に位置する町・プエルトプリンセサは国際空港があることから島の玄関口であり、フィリピンの都市と自然を同時に味わうことの出来るパラワン島唯一のエリアとなります。ホテル、レストランも多く、このプエルトプリンセサを拠点として観光するパターンが多いです。治安もよく、安全で安心なフィリピンの日常、日本人にとっては非日常を感じられる場所となっています。

 

 

パラワン島南部

南部は北部や中部に比べよりローカルで未開発なエリア。自然が残るパラワンにおいても最も手つかずの地。その為、観光地化されていない地域ではありますが、洞窟や滝といった自然を楽しめるスポットもあります。その場所に立つと日々の喧騒を忘れ、リフレッシュ出来るでしょう。

 

 

 

日本人が知らないパラワン島
フィリピン人にも憧れの場所

パラワン島は既に欧米では人気の観光地として知られています。またフィリピン人からも一度は旅行してみたいという憧れの島でもあります。しかし日本での知名度は低く、日本人を見かけることはほとんどありません。ただ近年は日本でも少しづつではありますが楽園としてメディアなどにも取り上げられ始めています。「パラワンの海から」ではこの楽園とも言えるパラワン島での素敵な旅を現地の最新情報と共に安心の日本語対応でご案内しております。また様々なリクエストにも対応し、皆様が満喫できるプランをご用意しておりますのでぜひ一度お越しください。