フィリピン最後の秘境
パラワン島
世界中で最も美しい島
アイランドホッピングツアー
世界遺産・新世界7不思議
アンダーグラウンドリバー
エルニド
El Nio
美しいビーチ
一生に一度は訪れたい島
フィリピン旅行はパラワン島へ
完全日本語対応
ツアーのご予約は
「パラワンの海から」
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider
パラワンの海から

パラワン島旅行おすすめフィリピン料理15選

 

 

パラワン情報
おススメ!フィリピン料理 15選

 

おススメフィリピン料理をご紹介!

 

フィリピン料理自体はスペイン統治時代の影響と中国の食文化の影響を受けており、料理によってテイストが異なります。まわりのフィリピン人を見ると生野菜や生魚を食べる習慣はなく、料理は日本人から見ると酸味の効いたものや、味付けの濃いもの、脂っこいものが多いです。なのでビールに合う料理やご飯がいっぱい食べられる料理も多いです。どちらかというと繊細な味の料理は少なく分かりやすい味が多いですが、個人的には毎日飽きずにおいしく食べています。フィリピン旅行の際にはぜひトライしてみて下さい。

 

 

1.ポークアドボ

 

チキンアドボもありますが、個人的にはポークアドボがおススメです。ビネガー(酢)とソイソース(醤油)で調理され濃い味で日本の豚の角煮に少し似ています。日本人の口にもあう一般的な家庭料理でもありフィリピンの代表的な料理です。フィリピン料理のお店ならどこでも食べられますが、味がお店によって違うので食べ比くらべてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

2.カレカレ

 

カレーのような名前ですが、まったく違う料理です。アーモンド風味のシチューといった感じですが、日本では味わったことのない味です。茶色いドロっとした濃いめのタレに鶏肉(牛肉)と野菜(いんげんやナス等)が入っています。最初は変わった味で苦手でしたが慣れればたまに無性に食べたくたくなる一品です。Bagoong と呼ばれるエビや魚を発酵させたペースト状の薬味と一緒に食べるとさらにおいしくなります。

 

 

 

3.シニガン

 

スープ料理で豚肉のポークシニガンやエビなどのシーフードが入ったシニガンもあります。これもお店によって微妙に味は違いますが、酸味のあるスープでやみつきになります。現地のフィリピン人も頻繁に食べる代表的な料理で、スプーンでスープをすくってご飯にかけて食べたりします。ちなみにフィリピンでは食事の時は一般的にフォークとスプーンを使います。スプーンをナイフ代わりに使う感じです。場合によっては手で食べるのもフィリピンスタイルの1つです。

 

 

 

4.ルンピア

 

日本の春巻きのような見た目と味でどなたでも安心して食べられます。ソイソース(しょうゆ)にチリ(唐辛子)を入れて、カラマンシーと呼ばれるカボスのようなものを絞ってタレを作り、それにつけて食べると絶品です。他にもチリソースや普通のビネガー、辛いビネガーにつけて食べても美味しいです。デザートのスイートルンピアもあります。

 

 

 

5.レチョン・バボイ

 

香草を詰めてゆっくり回転させながら焼き上げた子豚の丸焼き。特別な行事の時に出る定番のビックな一品。皮もカリカリでおいしく、肉もジューシー。路上でも焼き上がったのを売っている。スペインの統治下時代の名残の料理でスペインでも祝い事の際のごちそう。

 

 

 

6.レチョン・マノック

 

レチョン(豚)の鳥バージョンでの鳥の丸焼き。ここパラワンのプエルトプリンセサにはお店も多く、気軽に買って楽しめる。

 

 

7.スイートサワーラプラプ

 

ラプラプはフィリピンの高級魚。これを油で揚げて、甘酸っぱいソースをかけた料理。ご飯にもよく合う。

 

 

 

8.パンシット

 

ビーフンなどの麺を使った日本の焼きそばのような料理。これは中国の影響を受けていて、具材はキャベツ、ニンジンなどの野菜と豚肉を使っているのが一般的。

 

 

 

9.フィッシュボール

 

フィリピンの屋台料理で、魚のすり身を丸めて揚げた串料理。1串から気軽に買え、お店は探さなくても路上にあるので、小腹がすいた時に是非試してもらいたい。

 

 

10.ハロハロ

 

フィリピンの有名なデザートです。お店によって見た目は大きく変わりますが、味はとても甘いです。ハロハロはタガログ語で意味は mix mix 混ぜ混ぜするといった感じで、このデザートもスプーンでよく混ぜて食べます。中身はシャーベットアイス、あずき、タピオカ、フルーツ、アイスクリームなどです。お気に入りのハロハロを見つけられたらきっと日本に帰っても恋しくなると思います。

 

 

 

11.ターホー

 

甘い豆腐に黒蜜をかけ、タピオカも入れた路上の定番デザート。「ターホー」と大きな声で売り歩いている。

 

 

 

12.レチェフラン

 

カステラとプリンを足して2で割ったような感じのデザートです。キャラメルの濃厚な味となめらかな食感です。

 

 

 

13.カモテキュー

 

サツマイモや紫芋に砂糖をかけて揚げたもの。バナナの場合はバナナキューと言う。30センチくらいの長い串に刺さっており、ボリューム満点。よく路上で売っている。

 

 

 

14.マンゴー

 

フルーツの美味しい南国フィリピン。バナナなど有名ですが、ぜひパラワンに来たらマンゴーをおススメします。日本よりも安く、おいしいマンゴーが食べられます。路上のフルーツスタンドなどに立ち寄って買って翌日のホテルの朝食の時にカットしてもらい食べると朝から幸せな気分になれます。発音は「マンゴー」ではなくどちらかというと「メンゴー」に近いです。ジュースも最高美味しいです。一応季節によって旬などがあるようですが、基本的に通年で食べることができますが時期によって味や価格が異なります。3月~5月がシーズンで安くてよりおいしいマンゴーが手に入ります。また甘くないグリーンマンゴーもフィリピンでは人気のフルーツです。これもBagoong と呼ばれるエビや魚を発酵させたペースト状の薬味や醤油を付けて食べたりします。夜のフルーツスタンドは雰囲気があっておもしろいです。

 

 

 

15.バロット

 

有名な珍味バロット。アヒルの有精卵をゆでたもので、中身は孵化直前のアヒルの子がそのまま入っている。その為見た目がグロテスクだが味は意外と奥深い。塩とビネガー(酢)をトッピングしてスープを飲んだ後にそのままバクッと食べる。真偽の程は不明だが、フィリピン人に聞くとこのバロットはなぜか膝に良いらしい。

 

この他にもたくさんありますのでパラワン島旅行の際にはぜひフィリピン料理も楽しんで下さい。

 

予約申し込み 予約申し込み

お問い合わせはコチラ