フィリピン最後の秘境
パラワン島
世界中で最も美しい島
アイランドホッピングツアー
世界遺産・新世界7不思議
アンダーグラウンドリバー
エルニド
El Nio
美しいビーチ
一生に一度は訪れたい島
フィリピン旅行はパラワン島へ
完全日本語対応
ツアーのご予約は
「パラワンの海から」
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider
パラワンの海から

パラワン島 情報:気候

パラワン島 情報
気候について

平均気温は27℃
乾季と雨季

パラワン島の気候、特に州都プエルトプリンセサの気候をご紹介します。実際にここに住んでいて感じることも書いていますので、パラワン旅行の参考になるかと思います。
パラワン島は南北に400kmと細長い形をしている為、地域によって気候は異なります。データによるとパラワン島の中心地でもある州都プエルト・プリンセサ市の年間平均気温は 27.0℃、年間平均最高気温は 30.9℃、年間平均最低気温は23.2℃となっております。
この地域は熱帯モンスーン気候に分類されており、季節は乾季と雨季に分けられます。

 

※スマホの方は画像をダウンロード後、拡大してご確認下さい。

 

ベストシーズンは2月~6月
台風の心配は無用

ベストシーズンは2月~6月と言われていますが、12月あたりから7月も天気の良い日が続きます。その後8月くらいから雨季っぽくなってきますが、1日ずっと雨が降る日は少ないです。
実際に傘を持ち歩いている人は少数で、持っていても折り畳み傘が主流です。男性はほとんど持ちません。ちなみに私も傘を持っていません。そんな感じなので雨が降ったら雨宿りするといった光景がしばしば見られます。
フィリピンと言えば台風のイメージがあると思いますが、ここパラワン島は台風の来ない場所に位置しています。実際に台風を体験したことがありませんし、台風の話も聞いたことがありませんので台風の心配は無用です。

 

※スマホの方は画像をダウンロード後、拡大してご確認下さい。

 

服装は南国スタイルでOK
でも1枚羽織るものを忘れずに

服装は半袖、ハーフパンツ、ビーチサンダルの南国スタイルで問題ないでしょう。日焼け止めとサングラス、女性の方は折畳み日傘も持っていくと良いでしょう。でも万が一何か忘れてもたいていのものはショッピングモールなどで日本よりも安く購入できます。夜屋外のレストランなどで食事する予定の人は虫よけスプレーを持っていくといいでしょう。こちらでも買えますが、日本のものより強いので、念のため日本製が安心です。(飛行機の機内が冷房で寒い場合があるので1枚羽織るものがあると安心です。)

 

 

当たらない天気予報
雨が降ったら雨宿り

基本的に天気予報は当てしない方が良いかと思います。(特に雨季。雨の予報でも実際に降ったのは数分だけなど) パラワン島に住んでいる人で天気予報をチェックする人はほとんどいないと思われます。乾季の天気は「今日も晴れ!でももしかしたらスコール!?でもその時は雨宿り」が基本の予報になるでしょう。

 

 

旅行の際は暑さ対策
寝る時も注意

フィリピンはすごく暑いイメージがあると思いますが、体感温度は真夏の東京より低く、年間を通してはもちろん暑い気候になりますが、時期によっては風が吹くと肌寒い時もあります。ただ基本的に観光で訪れる場合は気候になれていない為、暑さ対策は必須です。

ちなみにホテルの掛布団はシーツのように薄い場合がほとんどで、エアコンをつけて寝てしまうと簡単に風邪を引くことがありますので、寝る前に温度調節やタイマー設定を忘れずに行い、また寝る時用の薄い長袖、長ズボンを1セット用意するといいと思います。

 

予約申し込み 予約申し込み

お問い合わせはコチラ