フィリピン最後の秘境
パラワン島
世界中で最も美しい島
アイランドホッピングツアー
世界遺産・新世界7不思議
アンダーグラウンドリバー
エルニド
El Nio
美しいビーチ
一生に一度は訪れたい島
フィリピン旅行はパラワン島へ
完全日本語対応
ツアーのご予約は
「パラワンの海から」
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider
パラワンの海から

パラワン島 情報:気候と天災について

パラワン島 情報
気候と天災について

パラワン島の気候と天災についてご紹介します。実際にパラワン島に住んでいるから分かることも書いていますのでパラワン島旅行の参考になると思います。

 

季節は乾季と雨季の2種類
平均気温は27℃

パラワン島は南北に400kmと細長い形をしている為、地域によって気候は異なります。データによるとパラワン島の中心地でもある州都プエルト・プリンセサ市の年間平均気温は 27.0℃、年間平均最高気温は 30.9℃、年間平均最低気温は23.2℃となっております。
この地域は熱帯モンスーン気候に分類されており、季節は乾季と雨季に分けられます。乾季は11月から4月、雨季は5月から10月とされています。最も気温が高くなる月は3~5月です。グラフは各月の最高気温と最低気温のそれぞれの平均を表しています。

 

 

ベストシーズンは1~5月
雨が降ったら雨宿り

ベストシーズンは1月~5月と言われていますが、それ以外の月も天気の良い日は多いです。日本の梅雨のような日も稀にありますが、1日中シトシトと雨が降る日は少ないです。ベストシーズンの前の12月あたりから天気の良い日が多い様に感じます。その後8月くらいから雨季っぽくなってきます。また季節に関係なく南国特有のスコールもあります。急に空が暗くなり猛烈な雨となりますが、早いと5分でまた青空が見えます。
現地の人はあまり傘を持ち歩いていません。女性がたまに折り畳み傘を持っている程度で男性はほとんど持っている姿を見かけません。ちなみに私も傘は持っていません。雨が降ったら雨宿りするといった光景がしばしば見られます。

 

 

天災とは無縁のパラワン島
神様が創った楽園!?

フィリピンと言えば地震や台風のイメージがあると思います。フィリピンの西端に位置するパラワン島は地震の多い地域とは異なる地盤プレートの上にあるおかげで地震とは無縁の島となります。実際に現地の人は地震のことは知っていても体験したことがある人はほとんどいません。また台風に関してはまったく影響がないとは言えませんが、他のフィリピンの地域のように大きな被害を受けることはありません。理由は台風がパラワン島に着くころには勢力が既に弱まっていることが多い為です。私もここパラワン島で日本のような勢力の強い台風は体験したことがありません。また他のフィリピンの都市では道端のゴミが多く、そのせいで大雨が降ると排水溝が詰まり洪水になることがありますが、パラワン島ではゴミが少なく綺麗に保たれている為その心配もありません。実際に州都プエルトプリンセサは過去に何度もフィリピン国内で最も清潔な都市に選ばれています。地震、台風の影響がほとんど無いフィリピンでも珍しい島の為、現地の人々の中には神様が意図して天災からは無縁の自然豊かなパラワン島を創ったと言う人もいます。

 

服装は南国スタイルでOK
でも暑さ対策を忘れずに

服装は半袖、ハーフパンツ、ビーチサンダルの南国スタイルがベスト。日焼け止めとサングラス、女性の方は折畳み日傘も持っていくと良いでしょう。帽子もあれば日差しが強い時に便利です。暑いパラワン島ですが体感では真夏の東京都内よりは過ごしやすいように感じます。時期によっては朝方や風がある日は半袖だと肌寒く感じることがあり、また飛行機の機内が寒いことが多く、1枚羽織るものを持って行くと重宝します。ちなみにホテルの掛布団はシーツのように薄いことが多いのでエアコンをつけて寝てしまうと体調を崩すことがありますので、寝る前に温度調節やタイマー設定を忘れずに行いましょう。

 

 

 

お問合せ・予約 お問合せ・予約